上質な空間に溶け込むもてなしのキッチン 東京都S氏邸

2022.4.28

Share on

  • facebookにシェア
  • tweetする

PHOTO: TOMOKO KUDOH

自然素材と調和するテクスチャー

 一人ひとりの使いやすさにこだわったオーダーキッチンを提案する「EKREA」。丁寧な打ち合わせをもとに、使う人の暮らしに寄り添うデザインや機能をプランニングし、家事をスムーズにするきめ細かい工夫をこらしたキッチンを製作している。もともと注文住宅やリフォームを手がける工務店のオーダーキッチン部門としてスタートしたブランドであるため、住空間とのトータルコーディネートも得意としている。
 ご紹介する東京都のS氏邸は、マンションをフルリノベーションして2LDKの間取りを開放的なワンルームの住まいに変更。広々とした空間の主役は、料理教室を開いたり、シェフを呼んで友人との会食を楽しむこともできるようにと設計された「人が集うキッチン」だ。食や食器にもこだわりをお持ちのSさんと打ち合わせを重ね、数多く所有されている作家ものの食器がすっきり収まる収納や特注のシンクなど、実用性を備えながら住空間に溶け込むデザイン性も両立。オーク材やラタン、麻縄といった表情豊かな自然素材を使った家具のようなキッチンのワークトップには、グレーのベースにゆらめく白い柄が印象的なカームグレイッシュブルーが選ばれた。

素朴な温かみのある自然素材とも、無機質なコンクリートなどとも相性のよいカームグレイッシュブルーのワークトップ。ほかの素材と同様に豊かな触感を想像させるテクスチャーは、懐かしさもモダンさも漂わせ、人が集うキッチンを居心地のよい空間に演出している。

 「空間全体のトーンに合わせてワークトップはグレー系でご提案しました。サンプルをお見せすると、お客様も即決でした。ソリッドなグレーカラーは単調になりすぎてしまうこともありますが、カームグレイッシュブルーは白い柄がアクセントになっていて、自然な雰囲気がありながらキッチンの意匠性も高めてくれる柄だと思いました。かといって、くどすぎず、空間にもすっきりと調和しています」と話してくださったのは、EKREA ORDER KITCHENの塩田氏。
 石や陶器を思わせるテクスチャーを持つカームグレイッシュブルーは、室内建具や造作家具にふんだんに使われているタモ材やナラ材、壁面に使用した木毛セメント板とも相性がよく、RCの躯体が剥き出しになった天井や大判タイルを敷いた床面に溶け込むように馴染んでいる。
 「今回は、自然素材との組み合わせでしたが、シンプルモダンなデザインにも、和風な空間にも、どんなテイストにも合わせやすいのではないかと思います」。

さまざまな制約を乗り越える加工性

 S氏邸のキッチンにコーリアン®が採用された理由は、個性的な色柄に加えて、加工性の高さが決め手だった。
 「アイランドキッチンのサイズは幅2850×奥行き1000mm、バックカウンターは3320mmの長さがあります。S様のお宅はマンションの高層階。これだけ大きなワークトップを一枚板で作ろうとすると、マンションの場合はどうしても搬入経路の確保が問題になります。キッチンの中央にパイプスペースが通っていることもあって、今回は特に現場で継いでシームレスな仕上がりにできるコーリアン®が最適だと考えました」と塩田氏。見た目だけでなく、ジョイントがないことで、お手入れがしやすくなるところもSさんが気に入ってくださったとのこと。
 「マンションのキッチンをプランニングするときは、まず、カウンターが搬入できるのかということを考えます。その点、コーリアン®は分割しても現場で自由につなげるので、安心感がありますね。サイズが大きいときだけでなく、L字型やコの字型のキッチンでワークトップを一体感のある仕上げにしたいときもコーリアン®をご提案しています。マンションやリフォームに限らず、加工性がよいという特性は、キッチンをプランニングする上で、さまざまな制約を取り払ってくれるので、とても大切な点です」と塩田氏。
 規格にとらわれず、使う人の想いを一つひとつ丁寧にかなえるオーダーキッチンを手がける作り手だからこその視点で、コーリアン®を語ってくださった。

深さが二段になったシンクは、湯切りしたザルを一時的に置くなど調理のしやすさを考えた設計。ソープディスペンサーを置いたくぼみの形状に合わせてコーリアン®のワークトップをカットすることで、すっきりとしたデザインが完成されている。

【東京都S氏邸】
●キッチン製作/EKREA ORDER KITCHEN
●使用色/カームグレイッシュブルー